不動産物件と宅地建物取引業

不動産物件を買うときには、不動産会社を通すことが多いですが、この不動産会社は正確に言えば宅地建物取引業と呼びます。不動産業という言葉と宅地建物取引業という言葉は、厳密に言えば異なり、不動産業のほうが多くの業務を含んでいると言えるでしょう。法的には宅地建物取引業と呼び、土地や建物の販売、交換、仲介などを手がけています。 宅地建物取引業は宅地建物取引業法という法律によって規制されていて、国土交通大臣か都道府県知事の免許を受けないと営業することはできません。どちらの免許が必要になるのかについては、事業所がどのように設置されているのかによって決まります。具体的に見ていくと、一つの都道府県にのみ事業所を置いている場合には、その都道府県知事の免許を受けることが必要とされます。複数の都道府県に事業所を置いている場合には、国土交通大臣の免許を受けることが必要とされます。免許を受ければ免許番号が交付されます。 不動産物件を取引したいと思ったときには、不動産会社を通して売ったり買ったりすることになると思いますが、このときにはその不動産会社がきちんと免許を交付されているかどうか確認しておく必要がありますし、交付されていればその情報を把握しておくべきでしょう。

前橋市 不動産 春日野道 新神戸の不動産は神戸快住不動産へお任せ下さい。 3115 6/4

Copyright ©All rights reserved.不動産物件と宅地建物取引業.